2012.07.06 Friday 10:59

「Football is life」

  • Author :


ロンドンでのお話を少し。

この日は長年の友人アランとランチの約束。
場所はNorth Kensingtonにあるレストラン。
このあたりはポートベローマーケットのずっとずっと先にある場所で、
友達が住んでたり用事がない限りは観光だったら行かないエリアです。
でもここ最近アート、グラフィック、メディア関係のオフィスが
どんどん移ってきているそうです。




待ち合わせのレストランはグランドユニオン運河のほとりにありました。
知らなかったら素通りしてしまいそうな、
知っててもちょっと入りにくそうな・・・・・




でもなかに入るとモダンでとても居心地のいい空間。
ここは古い倉庫をプロダクトデザイナーのTom Dixonが改装して作ったレストラン。
日本では照明デザインが有名だけど、
ここロンドンではインテリアやプロダクトなども人気です。
私の英語の聞き間違いじゃなければ、このエリアにある巨大な給水塔を
ホテルに改装するプロジェクトに着手しているそう。
これからはNorth Kensingtonが面白くなるのかもしれないですね。

The Dock Kitchen
344 Ladbroke Grove, London W10 5BU




私がオーダーしたのはビーツとコリアンダー、
ブラウンライスに数種類の豆がミックスされた
少しエスニックでモダンブリティッシュな一皿。
けっこうボリュームあったけど、美味しくて完食です。




食事中、アランと夫は熱心に情報交換。
新しいギャラリーや人気の展覧会、有名じゃないけど行くべき小さな美術館・・・
そして時間のほとんどをフットボールについて。
当時まだ香川選手のマンチェスター ユナイテッド入団が
発表になっていなかったけど、
熱狂的なマンUサポーターのアランは興味津々。
香川選手がどれだけ素晴らしいかを熱心に説明する夫。




翌日はプレミアリーグの最終節。
マンチェスター シティとマンUの優勝争いを観るのに、
ロンドンじゅうのパブが人で溢れていました。




誰もがマンUの優勝を確信していたときに、
ロスタイムでマンCがまさかの歴史的逆転勝利。
得失点差でマンUは2位に陥落。
マンCの44年ぶり悲願の優勝に飛び交う悲鳴、怒号、ため息。

ロンドンではマンUが圧倒的に人気なのですね。




その夜、飲む約束をしていたアランに何度メールしても音信不通に。
翌日「ごめん。あまりのショックに何も手に付かなくて・・・」とお詫びが。
とても几帳面な彼が携帯もチェックできないほどの落ち込みよう。
これはよっぽどのことです。笑。

昔、習ってた英語のイギリス人の先生が
「Football isn't sports. Football is life.」と言ったとき、
正直「はぁ・・・・?」と文化の違いを感じましたが、
ロンドンにいると微笑ましいぐらいそれが見受けられます。




もちろんフットボールに興味のないイギリス人もいるのよ、にゃお。
あなたはご飯しか興味ないもんね。

「おかわりお願いします。」

だめです。





<<new | 2 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.