2012.07.21 Saturday 21:36

「Culpeper Community Garden」

  • Author :


たくさん旅行しているわけではないので偏った見方かもしれませんが、
ロンドンは大都市のなかでもとても緑が豊富だと思います。
ハイドパーク、グリーンパーク、リージェントパークなどなど、
セントラルに広大でみんなが憩える公園があるなんてものすごく贅沢。




ハイドパークにはオランジェリーを改装したカフェや、
無料なのにいつも素晴らしい現代美術の展示をするので人気の
Serpentine Gallery(サーペンタイン ギャラリー)などもあり、
なんだかんだ言っても文化が豊かな国だなぁといつも感心します。




ロンドンの地図を見ると大きな公園のほかに小さな規模の公園がたくさんあります。
そのなかには近隣住民限定で鍵がないと入れなく、
管理はプロのガーデナーというプライベートガーデンも多いのですが、
誰でも入れて、庭好きの住民の手で管理・運営されている
コミュニティガーデンもあります。
水曜日の蚤の市で有名なAngel駅からほど近い
Culpeper Community Garden(カルペパー コミュニティ ガーデン)もそのひとつ。




このコミュニティガーデンはちょうど30年前に
子供達が植物を育てたり観察したりできるようにと、
地域住民の手でほとんど更地の状態から少しずつ今のかたちにしてきたそうです。




規模が小さいと言っても日本の感覚からしたらかなり立派です。
このいかにもガーデニングしました感がない、自然なままの、
それでいて調和がとれている感じがとても気持ちよかったです。




裏手の方には野菜やハーブの畑もあります。




掲示板にはイベントのお知らせなどが貼られていて、
ここが地域住民の大切な憩いの場所だということがわかります。




設立当初からここでボランティアをしているという方の説明を聞く夫。
プロのガーデナーによるものとはまた違う手作りのガーデン。
ふらりと訪れたところでしたが、とても素敵なゆっくりとした時間が過ごせました。
こういう豊かさ、憧れます。

Calpeper Community Garden
1 Cloudesley Road London N1 0EG




カルペパー コミュニティ ガーデンにはきっとご近所の猫達も和んでいそう。
こちらはうちのベランダで和むかりんちゃんとごまちゃん。




こちらは小さなベランダで和む孤独なにゃお。
居心地はいかがかしら?

「悪くにゃいよ」


 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.