2019.07.16 Tuesday 18:11

明けない梅雨はない!・・・と思うのでBonBonStoreの日傘はいかがでしょう

 

なかなか梅雨が明けないですね。

東京はずっと雨が降り続いて、

湿度はあるものの7月とは思えない肌寒い日の毎日です。

長袖着たり、薄手のカシミアストールを持ち歩いたりと、

実感がないけれど、あの暑い陽射し照りつける夏はすぐそこ。

BonBonStoreの日傘で夏支度を整えなくては、です。

 

画像は、一昨年発売してあっという間に完売した紫陽花柄のレース日傘。

傘をさすと足元に木漏れ日のような影ができて、

レースから心地よい風が通り抜けます。

100%陽射しカットではありませんが、

厚手のコットン素材が暑さを吸収して涼しく過ごせます。

太陽と上手にお付き合いしながら夏を楽しみたいという皆さまから、

たくさんのお声を頂いて待望の再発売です。

 

今年はオフ、スモーキーグリーン、カーボングレーの3色。

どれもコーディネートしやすいカラーです。

うーん、迷いますね・・・・!

 

 

 

こちらはバカンス気分がぐっと盛りあがるトリコロールボーダーの日傘。

パリッとしたリネン素材にトリコロールボーダーは、

BonBonStoreオリジナルの生地です。

薄手ですが、綿素材同様、天然繊維の麻も暑さを吸収してくれます。

傘の持ちて部分がスラリと長くて優雅なバランス。

その佇まいは昔のフランス映画で見かけるような、

ノスタルジックな雰囲気があります。

 

 

 

とは言え、明けない梅雨はない!とバシーっと言うのはちょっと自信ないような・・・

今日の東京のように雨がザーーッと降っては止み、またザーーっと降って止むような日は、

折りたたみの雨傘があると便利です。

「Standard BonBonStore折りたたみ傘」は長傘と同じく、

以前はミラトーレ折りたたみ傘という商品名で販売していました。

これからもBonBonStoreの定番として、

ずっと愛されるようにとの思いを込めてこの名前になったそうです。

バージョンアップされた「Standard BonBonStore折りたたみ傘」をぜひご覧くださいね。

 

 

 

コンパクトな晴雨兼用の折りたたみ傘もアップ致しました。

この傘に使われた生地は去年の11月にデザイナーの井部祐子さんと

一緒にロンドン出張したときに仕入れた、私にとって思い出深いもの。

こちらはインド製のバラ柄と小花柄です。

素朴な風合いのプリント柄がどこか懐かしい感じがします。

さっきまで雨が降っていたのに急に晴れてきた!というような、

季節がどんどん夏に向かっていくときに、

カゴやバッグにポンと入れておくと安心できますね。

 

BonBonStoreの傘で雨の日も晴れの日も楽しく過ごして頂きたいです。

それにしても早く梅雨終わらないかなー

 

 


 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.