2019.04.30 Tuesday 23:30

TOWAVASE新作のご紹介です

 

平成がまもなく終わるという厳かな日に、もう本当に本当にギリギリに、

TOWAVASEの新作をようやくご紹介できるところにたどり着きました。

 

 

 

ホワイト、エクリュ、グレー、ブラックとモノトーンが多いTOWAVASEですが、

今シーズンはフランスのアンティークの子供用クローゼットをイメージして、

当時の子供服を思わせるミルキィなスモーキーカラーが多く見られました。

このようなアンティークマーケットで見かけるような、

少しくすんだスモーキーなカラーレンジは、無条件で私が大好きなものでもあります。

 

 

 

”Bon voyage”と名付けられたシリーズからは、

旅のお供にもお勧めなサロペットをご紹介しています。

胸元のスカラップカットに、

キラキラ光るビジューのようなパーツをリネンの共布でくるんで、

手作業でひとつひとつ縫い付けた刺繍は、

ヨーロッパのオートクチュールを数多く請けおう

インドの刺繍工房の職人さんによるもの。

 

 


ホテルやビーチ、フライトなどのときにリラックスできるよう、

ゆったりとしたシルエットにデザインされています。

背中でクロスさせた肩紐のリボンで着丈を調整することができます。

そしてこの美しいスモーキーなブルーグレー。

私は同じサロペットのホワイトを愛用しているのですが、

このブルーグレーも本当にいい色!

落ち着いたトーンなのでコーディネートしやすく、

アンダーウェアの透けをそれほど気にしなくていいこともお勧め。

 

 

 

アンティークの子供服をイメージしたキャミソールのディティールは、

甘く、かわいらしく、そしてそのなかにはシックな大人っぽさがしっかりとあります。

それはTOWAVASEらしい世界観そのものです。

 

 

 

もうひとつTOWAVASEの定番的なアイテムに、

デザイナーの山口さんによる手描きの柄を、

パッチワーク風にプリントするシリーズがあります。

今回は山口さんがこよなく愛するインド、日本、フランス3国共通の、

伝統的な更紗模様をイメージして描きました。

このパンツの色はスモーキーなキャメルで、

この独特なニュアンスカラーがどこか懐かしいフランス風に感じます。

それが更紗模様とミックスされると無国籍な雰囲気になり、

それもまたTOWAVASEらしさだなぁと思います。

 

 

 

そして私が大好きな”Yomigaeri”というシリーズ。

これはデザイナーの山口さんが長年かけてコツコツと集めた、

フランス各地のアンティークレースや古いボタン、パーツなどを、
現代の視点で新たに「甦らせる」というコンセプト。
山口さんが愛着を持って手作業で仕上げるアイテムに同じものは無く、
ディティールの表情ひとつひとつが異なる特別な1枚です。

 

今回ご紹介するキャミソールは数種類のレースを組み合わせ、

ブルーの糸で縫いとめたもの。

ボディにはそれぞれ、フランスのアンティークのホームスパンのリネン

同じくアンティークの刺繍が施されたコットンの生地を使ってできています。

ロマンチックな要素がたくさんですが、過剰な甘さはなく、

山口さんの審美眼で柔らかなエッジをを効かせた仕上がりになっています。

 

私たちが知らない古い時代のアンティークが、

新たな形になり、新しい時代に受け継がれていくこと。

平成最後の今日という日に、

”Yomigaeri”をご紹介できたことが嬉しいです。

(本当にギリギリスレスレでしたが・・・!)

 

新しい令和はどんな時代になるのでしょうね?

私個人は変わらずマイペースにコツコツと、ですが、

どうぞ愛がたくさんの穏やかで平和な時代となりますように!

令和もよろしくお願いします!

 

 


 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.