2018.03.23 Friday 18:14

旅の備忘録ーSan Sebastian

 

私が語るまでもなく、スペイン側バスクの美食の街サン・セバスチャンは本当に素晴らしい。

もし次の休暇の旅先が決まってないようなら絶対にお勧めです。

いますぐ飛行機とホテルを予約したほうがいいですよって言えるぐらい。

私たちが訪れたのは8月の観光シーズンのピークで、

確かに人は多かったですが、街全体は穏やかな印象でした。

薄曇りで暑くもなければ寒くもないというお天気が心地よかったです。

 

 

 

アヴィニョンから深夜バスで一晩かけてという強行移動だったので(この話はまた後日)、

体はクタクタだったのですが、短い滞在だし、

とにかく料理家・植松良枝さんの名著「スペイン・バスク 美味しいバル案内」を

片手に旧市街地へ。

 

 

 

お目当はもちろん旧市街地にひしめくバル。

スペイン語は全くわかりませんが、

たいていのバルはカウンターのうえにピンチョスがずらりと並んでいて、

指差しでオーダーできます。

 

「スペイン・バスク 美味しいバル案内」によるとバルに長居は無用ということで、

微発泡ワインのチャコリを飲みながら2〜3品食べてまた次のバルへ。

バルのお話もまたの機会にできればいいなぁと思います。

 

 

 

バル巡りをしながら目につくのが、日本でも人気のバスクの特産品と言われている栗の木のかご。

街の至るところで見ることができます。

食料品店の軒先ではフルーツを入れて。

 

 

 

特設のマーケット会場では生ハムやチョリソーをデイスプレイしたり、

サンドイッチを入れて販売したり。

 

 

 

夜に行ったバルでもパンかごとして使っていました。

 

 

 

極めつけは、この日偶然催されていたお祭りの巨大人形にも栗の木のかごが!

 

なんの予備知識もなく、フラリと立ち寄った旅行者の私にも、

このかごがバスクの人々からとても愛され、

その暮らしを逞しく支えてきているのが感じられて嬉しくなりました。

 

そしてこの巨大人形祭り(お祭りの正式な名称がわからずで。笑)のことも、

また今度綴らせてください。

8月のたった2日間でしたが、とにかく素晴らしく楽しくて、

スペイン=ギラギラの太陽と押しの強い情熱的な人(笑)という

私の偏ったイメージを払拭する旅でした。

 

それにしても、遅筆なくせにまだまだ書きたいことがたくさんあるんです。

このいったいいつまで去年の旅行のことを書き続けるんだっていう、

ダメダメな旅の備忘録にもう少しお付き合いくださいませ。

 

 

 

オンラインショップのadrのコーナーでバスクの小さなかごとトレイ、

夜の旧市街地で見つけたサン・セバスチャンのご当地Tシャツをアップ致しました。

少しですがご覧頂ければ嬉しいです。

 

と、私シレッと書きましたが、

オンラインショップ用にキープしていたアイテムは、

本当は3月頭のweekend boutique(おかげさまで大盛況でした!

本当にありがとうございました!)と同時にアップする気でおりました。

以前ブログでもそう宣言致しました。

 

でも体力の限界でどうしてもできませんでした。

本当にごめんなさい〜!

年齢と1人で運営していることを言い訳にしたくはないのですが、

もうゆっくりした自分のペースでしか仕事ができないということ、

今回痛感いたしました・・・・!

本当に申し訳ないのですが、どうか気長によろしくお願いします!

 

そして、矛盾しているようですが、前のめりな気持ちだけはあって・・・!

これから先の予定(あくまでも)としては、

サン・ジャン・ドゥ・リュズで見つけたアイテム、

南フランスのアンティークかごとお洋服を少し、

パリの女友達ヴィオレットが送ってくれたアフリカのバッグと、

イル・ド・レのキッチンクロス、

それからTOWAVASEとDOIGTの新作・・・という感じでアップを考えております。

あくまで予定ですが・・・。

 

 

 

そして去年の11月以来の旅のアイテムのご紹介を記念して(どんな記念なんだろ)、

お買い上げ金額が合計で20,000円以上の先着12名様に、

ロンドン、パリ、カルパントラ、サン・ジャン・ドゥ・リュズのおみやげを同封致します。

ご希望のものがあれば備考欄にお書きください。

(ご希望に添えない場合はごめんなさい!)

また、おみやげは不要という方もいらっしゃるかと思うので、

そちらも備考欄にご記入頂ければありがたいです。

 

お買い上げのアイテムは、もちろん旅から持ち帰ったものでなくても大丈夫です。

おみやげが終了してしまった場合はご容赦くださいませ。

 

ではでは、

少しではありますが、次はサン・ジャン・ドゥ・リュズのアイテムのアップ、

頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.