2018.02.15 Thursday 16:59

旅の備忘録ーあるマダムのイメージ

 

アヴィニョンから電車で40分ほどのカルパントラでも

毎週末に蚤の市が開かれるそうですが、

この日は年に数回の大きな蚤の市があるということで、

カルパントラ駅からテクテク30〜40分歩いてようやく現地に到着。

 

車も運転できないし、車を出してくれる地元の友達もいないし、

ロケバスなんてもちろん手配できない個人旅行の私たち。

日曜日の早朝の駅前にはタクシーは1台もいないし、

Uberもまったく機能していませんでした。

でも、まぁ、なんとかなります。

歩けばいいんですから。笑。

 

 

 

青空の下、広大な駐車場いっぱいにお店が並びます。

お店の数もすごく多いし、品物もブロカントを中心にとにかくたくさん。

プロのバイヤーさん達は夜明け前から買い付け始めて、

私たちが到着する頃にはもう帰り仕度をしている人たちも。

それでも近隣から買いに来る人でどんどん賑わってきてました。

 

 

 

南仏の蚤の市はとても楽しい。

お店の人もヴァカンスモードのゆるい感じでかわいいし。

おしゃれなマダムのお店は要チェックです。

 

 

 

私のことをじっと見つめる大きなクマくん。

でもごめんね。また今度ね。

今回は私のなかでひとつのイメージがあったものですから。

 

 

 

その前日に行ったかご祭りの小さな村で見かけたマダム。

シルバーグレーの髪にダボッとしたリネンのワンピース、

使い込んだカゴに白のビルケン。

ちょっとご近所にリンゴでも買いに、というような、

この気取りのない感じ。なんて素敵なんだろう。

このマダムのイメージが私の心にずっと残っていました。

 

蚤の市にたくさんあるお店を覗きながら、

そしてお財布の限られた少ない予算と相談しながら、

なるべくこのイメージに近いものを探していこうと思ったのでした。

 

 

 

まったく同じではないですけど、

あの夏の日のマダムをイメージして集めたかごとワンピースにブラウス、

シュミーズやTシャツもあったらかわいいかも、と。

そしてそれにスパンコールがキラッと光るアンティークをリメイクした、

DOIGTのコサージュが似合うかもなど、東京に戻ってから気付いたり。

少しですが南仏から持ち帰ったもの、

この度のweekend boutique alice daisy roseでご覧頂ければと思います。

 

【weekend boutique alice daisy rose】

3月3日(土)〜4日(日)

12:00〜19:00

地下鉄副都心線「北参道駅」より徒歩2分

 

★一般の集合住宅のため住所は非公開とさせて頂きます。

ご興味あるかたはメールにてお問い合わせくださいませ。

折り返し住所と地図をお送り致します。

info@alicedaisyrose.com

 

★ご予約は不要です。

 

★狭小スペースですので、混雑の場合はご容赦くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.