2017.02.28 Tuesday 01:44

London-猫おばちゃん編

 

ロンドンに行くと必ず立ち寄ってしまうのがペットショップ。

特にキャットフードのコーナーが大好きで、同じShebaなどでも日本ではあまり見られない銘柄や、

バージョン違いのパッケージを見ているだけで楽しくなったり、

お留守番中のうちの愛猫かりんちゃんとごまちゃんを思い出してちょっと寂しくなったり。

 

 

 

とあるペットショップでかりんちゃんへのおみやげを買おうとしてたら、

黒猫ちゃんがにゃ〜と鳴きながらお店の中にひょいっと入ってきました。

そしていきなりレジのテーブルに飛び乗っておもちゃを物色。

驚いていると、お店の人が「いつものことだよ」と笑って教えてくれました。

首輪はしてなかったけど、ここのお店で飼われてる子だそうです。

 

 

 

ツヤツヤの毛並みのかわい子ちゃ〜ん!

ここがおうちだなんて、いいねぇ、おもちゃもおやつもたくさんあるもんねぇ、と、

完全に猫おばちゃん状態の私。

 

ところでイギリスではペットショップと言っても、日本のように生体販売はしていません。

ペットのためのご飯やケアグッズ、おもちゃや首輪などを販売しています。

日本でも早くそのようになって欲しいと思います。

 

 

 

今回のロンドンはBowie巡礼が主な目的(あ、買い付けもちょっと!)だったのですが、

2番目はこのイギリスのパブと宿に暮らす猫を訪ねる「パブねこ」の表紙を飾った

レニーくんに会いに行くことでした。

この堂々たる風格!太っちょ猫好きの私にはもうたまりません〜!

東京にいるときから猫おばちゃん魂がもうメラメラでした。

 

 

 

その日はみぞれ混じりの雨が降る凍える寒さの木曜日でした。

レニーくんのパブはいつもは人で賑わうイーストロンドンのブリックレーンの裏道にあります。

中に入るとそこはまさに地元の常連客のための渋くてシャビーなパブ。

私のような旅行者はちょっと浮いちゃうな〜とドキドキ。

探すとレニーくんは暖炉の前でウトウトしていました。

「レニーくん、おばちゃんレニーくんに会いに東京から来ちゃったよ」という、

私の日本語も完全にスルー。(ですよね!)

カウンターからはバーテンダーの男性が無表情でジッとこっちを見てるし、

レニーくんを急に抱き上げるとか、お店の雰囲気を壊すようなはしゃぎっぷりは絶対しちゃいけないし、

でもレニーくんに触りたいし・・・・・・

 

 

 

どうしよう・・・とギネスビールをチビチビ飲んでいたら、

カウンターの奥から女性のスタッフの方が出てきて

「日本からあの本見て来たんでしょ?いまレニーを連れてきてあげる!」と、

大きなレニーくんを豪快に抱き上げて私の隣に座らせてくれました。

そして「これをレニーにあげてね」とおやつのキャットフードまで持ってきてくれたのです。

 

 

 

大感激でレニーくんにおやつをあげながらフサフサの毛をナデナデ。

でもレニーくんは何度かおかわりして、突然こちらにクルッと背を向けました。

それはまるで「はい、おしまい」という感じでした。

まもなく夕方5時。そろそろ常連さんたちが来る時間です。

1分もしないうちに若い男の子達がワイワイと入ってきました。

みんなレニーを見ると「よぉ」とか「レニー」とか「元気か?」とひと撫でして、

カウンターにビールを買いに行きます。

その後から入ってきたおじさま達も「やぁ、レニー」と声をかけて、

それ以上しつこくしたりしない。

レニーくんのことを猫じゃなくて「レニー」として尊重しているように見えました。

 

 

 

それからレニーくんは大きなソファの背に場所を移して、

入ってくるお客さんをちらっと見たり、楽しくビールを飲んでる人たちの会話に耳を傾けたり。

お店の人はレニーくんのことをボスと呼ぶそうですが、このどっしりした体格と、

何にも動じない雰囲気はまさにボス猫そのもの。

 

今日もレニーくんは悠然と店内を見渡しているのかしら?

おばちゃん、またレニーくんに会いに行くね。

 

 

さて、2月がもう終わってしまいますね。あっという間とはまさにこのこと。

きっと楽しい旅をしたから、よけいに早く感じるのかもしれません。

(Londonシリーズ、まだ続く予定です。笑)

3月はJunco ParisのアーカイブからデザイナーのJunkoさんにセレクトして頂いたアイテム、

DOIGTにオーダーしたalice daisy rose別注のコサージュとシーズンコレクション、

下旬にはTOWAVASEの新作をアップする予定です。

3月もどうぞよろしくお願い致します!

 

 

 

 


 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.