2016.05.13 Friday 14:24

boutique adrでDOIGT(ドワ)をご紹介致します。



先日チラリとご紹介したADRのコーナーにboutique adrというシリーズを作りました。
こちらでは、いろいろな幸運が重なって素敵なご縁が繋がったブランドさんを、
少しずつご覧頂きたいと思っております。

その第一弾でご紹介するフランス語で指を意味するDOIGT(ドワ)は、
デザイナーの永野佐和さんの指が動くままに、
そのときに感じている物を作っていくアクセサリーブランドです。
主にデットストックのパーツや、海外のビーズ、スワロフスキーなどを使用おり、
少量ではありますが、ひとつひとつ永野さんの手で大切に作られています。




初めてアクセサリーやバッグを見せて頂いたときに、
どこかノスタルジックなのにモダンなかわいらしさと、ユニークで大胆なパーツ使い、
そして丁寧な仕上がりに、あっというまに好きになってしまって、
あれこれ試着させて頂きました。
そのときのワクワクした気持ちが少しでも伝われば嬉しいです。

こちらの片耳のイヤリングは、ヴィンテージのバックルにデッドストックのパーツや
スワロフスキーをちりばめたもの。
立体的に縫い付けられたパーツ達がクリア〜シルバーのカラーリングのなかでキラキラと光ります。
でもその輝きにはヴィンテージ独特の少ししっとりした佇まいがあります。




こちらの片耳イヤリングも、ヴィンテージのバックルに、
ヴィンテージのグラスパーツなどをギュッと詰め込んだもの。
左右対象にあるトライアングルのパーツがとても印象的。
少しレトロでどこかフューチャリスティックなイメージです。
フューチャリスティックって書くとちょっと気後れしそうな感じですが、
耳に付けると全然そんなことないのです。
むしろグッとモダンで大人な雰囲気になります。




これも一目見たとたん大好きになってしまった片耳イヤリング
デイジーが彫られた1930年代のグラスパーツの周りを囲むグラスビーズ。
同じイエロー系なのにグラスパーツは少し渋め、グラスビーズはちょっとネオンカラーっぽい。
異素材で同系色の組み合わせのコントラストと三角形のデザインに遊び心があって、
それでいてシックな仕上がりです。




デザイナーの永野さんはとてもおしゃれな方です。
この日も無造作にスカーフを巻いたヘアスタイルが素敵でした。
私は普段地味目な色のコーディネートばかりなのですが、
永野さんみたいな色の取り入れ方、とても参考になりました。
イエローの片耳イヤリングもこんな風にサラッとコーディネートされていました。

小さなお子さんお2人育てながら、お勤めもされている永野さんは、
そのお忙しい毎日のなかでも、ご自身の物作りに誠実に向き合っていきたいというお気持ちから、
DOIGTの活動を始められたそうです。




このビニールバッグのシリーズは、最初お子さんのために手作りして持たせていたそうです。
でもそれを見た周りのお友達から欲しいというリクエストをたくさん頂き、
商品化したというお話を伺いました。
確かに子供だけに独占させたくないユニークな可愛さですよね! 
ぜひぜひ、DOIGTのページをチェックしてみて下さい。



 

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.