2018.07.23 Monday 11:02

色々アップ致しました。

 

生粋のパリジェンヌViolette(ヴィオレット)が、

パリの裏道やバカンスの旅先で見つけてきたものを
気ままにご紹介するViolette’s Picky Selection。

久しぶりにお届けするのは、西アフリカの雑貨を扱うショップで見つけた、

ビニールござを再利用して作られたトートバッグ

 

 

 

ヴィオレットがこのトートバッグを見つけたのはパリ11区。

庶民的で昔ながらの下町っぽさも残しながら、

アフリカ系、ユダヤ系、イスラム系の人々が暮らすエリアです。

 

この写真はヴィオレットが送ってくれたもの。

「かわいいの買ったよ!」とのメッセージ付き。

 

 

 

そして「今度パリに来たらここに行って。絶対好きだと思う」

と、たくさんの写真とともに教えてくれたのが、

1930年代にクレムリー(乳製品のお店)だったところを改装した

ワインバー「La Buvette(ラ・ビュヴェット)」

 

 

検索してみると、数年前にオープンして以来、常に人でいっぱいの人気のビオワインのお店。

ワインのセレクトからフードまで女性オーナーが1人で切り盛りしているそうです。

こうやって送ってくれるヴィオレットのパリお散歩情報を聞くと、

彼女が届けてくれたアイテムがなお愛しく感じます。

 

今回のトートバッグは、素材がしっかりしていて、たっぷりサイズ。

カラフルでおおらかな雰囲気が夏の日差しによく似合います。

ぜひトートバッグの詳細ページをご覧ください。

 

 

 

今回はロンドンに長年住む友人がセレクトしてくれた、

ヴィクトリア&アルバート博物館オリジナルのトートバッグもアップ致しました。

このトートバッグは2015年〜2016年にかけて、
ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館で開催された
「The Fabric of India」展のために作られたものです。
持ち手も、バッグの表と裏も、底面も全部違うプリント。

しかもそのプリントはハンドプリントです。

アソートで作られているので、同じものはほぼ無いと思います。

気に入って頂けるものがあれば嬉しいです。

 

 

 

こちらもヴィクトリア&アルバート博物館オリジナルのトートバッグ

以前のブログにも書いたのですが、

ヴィクトリア&アルバート博物館には19世紀イギリスの思想家、詩人、

またテキスタイルやインテリアの「近代デザインの父」といわれた
ウィリアム・モリスが手掛けたモリス・ルームというそれは美しい部屋があって、

そこをカフェスペースとして解放しています。

私もこのトートバッグを長年愛用しているのですが、

この柄はずっとウィリアム・モリス作だと思っていました。

が、一番の弟子だったジョン・ヘンリー・ダールによるものでした。

歴史的にはあまり有名な人ではないけれど、
のちにモリス商会のチーフ・デザイナーとなり、
モリスの死後も、モリスの信念と美意識を受け継いでいった

とても重要な人物だったのですね。勉強不足ですみません!

 

 


 

まだありますよ。

こちらもヴィクトリア&アルバート博物館オリジナルのトートバッグ

1953年、現在のエリザベス女王2世の戴冠式の年に出版された

ジョン・メトカーフのユニークなガイドブック「LONDON A to Z」の表紙を

そのままプリントしたものです。

程よいサイズ感は旅のセカンドバッグとしても便利そう。

 

このガイドブックがどうユニークだったかは、詳細ページをご覧頂くとして、

写真に写っているビスクドールは、私がロンドンに住んでいるときに買ったものです。

当時はアンティークのおもちゃを展示販売するフェアが楽しくて、

よく足を運んでました。
今ではスマホで検索すればどこへでも行けますが、
当時はをロンドンの地図『A to Z』を片手に住所を辿りながら目的地へ。

そのときは確かMerry Streetというところでフェアをやっていました。

Merry Streetで買ったお人形だから名前はMerryちゃん。

たぶん120歳ぐらい。

そんなどうでもいい思い出話でした。すみません。笑。

 

 

 

まだまだあります。

BonBonStore人気のドローイングチェック柄の折り畳み傘もアップ致しました。

傘表面にはUV撥水コーテング、
傘裏面には防水コーティングがしっかり施されているので、
晴雨兼用でお使い頂けるようしておりますが、
どちらかというと日傘をイメージして作られたそうです。
その理由は、ちょっと小ぶりな傘のサイズ感とシャフト(中棒)の長さのバランス。

デザイナー井部祐子さんのこだわりを詳細ページに書きましたので、

ぜひご覧ください。

 

ここ最近の猛暑に日傘は必須です。しかも急な雨にも対応できて頼もしい。

こんな傘をバッグやかごに入れておくと安心ですね。

(でもあまりに激しい豪雨のときはすぐに雨宿りして下さいね)

 

それにしても、いつもブログが長くてごめんなさい!

私ももっと短く簡潔に・・・それか数回にわけて書く・・・

とは思っているのですが、どうにも・・・。

これからもこのたまにアップされるダラダラと長いブログにお付き合いくださいませ・・・!

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<<new | 1 / 66pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.