2018.11.09 Friday 07:06

Tabrikのご紹介です。

 

9月に雑誌エクラでご紹介して頂いた墨染のローブ、ようやくアップ致しました。

素材はリネンでできたガーゼを生地の段階でワッシャー加工して凹凸をつけたもの。

それを墨で製品染めしました。

 

 

 

製品染めをすることで「風景が変わる」とデザイナーの手島さんは話してくれました。

古来のやり方で染めているので、1枚1枚少しずつ色合いや表情が異なり、

天然染料らしいくすんだ、でも透明感あるいい色になります。

 

シンプルなシルクのワンピースをあわせて、このリネンガーゼのローブをふわりと羽織る。

そのうえからカシミアのコート・・・・

室内は暖かいけど外は寒くなるこれからの季節に、

大人ならではのシーズンレスな素材の組み合わせをお楽しみ頂ければ嬉しいです。

 

 

 

例えばリネンガーゼのローブに、カシミアのパンツをあわせるのも素敵だと思います。

このパンツはワッフル編みなのでしっかりしているのに、ふわっと軽く柔らかい。

足を通すと、そのあまりの心地よさに本当に幸せな気持ちになれます。

私は年齢的に体温調整の難しさを感じることがあるのですが、

上半身は薄着でも、下半身はしっかりと温かい、そして見た目もかわいいという、

安心のコーディネートができるこのパンツを色違いで揃えるほど、去年の冬から愛用中です。

この安心感、体感して頂ければと思います。

 

 

 

話は前後しますが、

ウエスト部分の長い紐が印象的なTabrikの定番デザインのスカートも、

墨染でご紹介しています。

そしてこのスカート、「どうやって着ればいいですか?」とよくご質問があります。

私自身もウエストに長い紐をグルグルと巻きつけて着ているのですが、

ときどき紐がずれちゃったりして。

でもデザイナーの手島さんはいつもすごく素敵に着こなされているので、

そのコツを教えて頂きました。

 

 

 

1: まずスカートに体を通して頂いて、スカートの前部分の紐を後ろで結びます。

 

 

 

2: 前が固定されたら、後ろのスカート部分を持ち上げて、

 

 

 

3: 後ろ部分の紐をグルグルとウエストに巻きつけてお好みのポジションで結んで固定します。

 

 

 

4: これは上の3の写真を後ろから見たものです。

前の紐をウエストにグルグル巻くときに、

最初に結んで垂らしてある紐を避けながら結ぶのがポイントです。

前を固定したら後ろはこのままの状態でも大丈夫です。

 

 

 

5: でも、4の後ろで結んだ紐をいったんほどいて、

(このとき全部ほどくのではなく、リボン部分だけをほどきます)

その紐をさらにウエストにグルグルと巻いて前に持ってきて、

3で決めたポジションのところでキュっと結ぶと、

リボンがダブルで見えてすごくかわいいのです。

 

 

 

6: バリエーションとして、結び目を両サイドにもってくるのも、

どこか見知らぬ国の民族衣装みたいでとてもかわいいです。

 

 

 

そしてこのスカート、ワンピースのようにも着れるんですよ!!

これすごく簡単です。

スカートの前部分を90度回転させてみて下さい。

そうすると、スカートサイド部分が自然と前になります。

そしたら前後それぞれのウエスト部分の紐を首の後ろで結びます。

後ろに残ったほうの紐を前にくるっと持ってきてウエストで結びます。

これで完成!

 

 

 

さらにバリエーションとして、笑。

こちらはもっと簡単です。

まずスカートを履くようにして頂いて、

それをそのままバストの高さまで持っていきます。

そしてスカートの前後の紐を、肩のところで結べば完成です。

 

この2パターンの着方に、

薄手のチャコールグレーや黒のクルーネックニットをあわせてみて下さい。

とてもシックで大人っぽいです。

 

もう、何なの、Tabrik!!素敵過ぎる!!

と逆ギレ(?)気味になっちゃうかもです。笑。

ぜひお試しください。

 

 

 

 

《お知らせ》

11月14日(水)〜26日(月)までロンドン出張となりまして、

オンラインショップの発送業務をお休みさせて頂きます。

出張前の発送は11月13日(火)が最後となります。

もしご購入のお品物をお急ぎでお届け希望の場合は、

ギリギリで大変申し訳ありませんが、

11月12日(月)までにご入金確認できますようお願い致します。

勝手言って本当に本当に申し訳ありません。

 

メールでのお問い合わせは少しお時間かかりますが、出来る限りお返事致します。

ご迷惑、ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、

ご了承のほどよろしくお願い致します。

 

今回BonBonStoreの傘とALAIN et JEANの雑貨を展示販売する、

ロンドン市内で開催されるクリスマスフェア"HYPER JAPAN"の様子が、

少しずつわかってきました。

なかなか賑やかでモリモリした感じのイベントで楽しめそうです。

その様子も後ほどインスタやブログでお話しできればと思います。

 

 

 

 

 


<<new | 1 / 218pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
SEARCH
OTHER

(c) 2012 Alice Daisy Rose.